HOME > 研修医と学生の皆様 > 各専門診の紹介 > リウマチ診

研修医と学生の皆様

各専門診の紹介


リウマチ診療チーム

スタッフ

西村 慶太
教授、日本リウマチ学会評議員、日本リウマチ学会指導医、日本リウマチ学会専門医、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医
森 安弘
森整形外科 医院長、日本リウマチ学会専門医、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医
中村 直嗣
日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医
幸地 彬
深谷中央病院 整形外科、日本整形外科学会専門医、日本整形外科学会認定リウマチ医
中嶋 伸
松永医院

ページトップへ

診察日

水曜日午後(完全予約制)


ページトップへ

以下が私たちの取り組んでいる患者様の疾患です

関節リウマチ:有病率が高く、整形外科医ならば、その治療は避けては通れません。

膠原病・膠原病類縁疾患による関節炎、血清反応陰性脊椎関節症、痛風・偽痛風、他の筋・関節症状を伴う疾患。


ページトップへ

リウマチ診療チームの特徴

関節リウマチの有病率は0.4%と高く、リウマチ診療チームで治療を行う患者様の8割以上を占めます。当科の専門外来の中でも最も登録患者数が多く、ここ10年で関節リウマチ以外の方も含めて1000名以上です。上記の疾患の他、関節炎を起こす疾患は多く、その鑑別は容易ではありません、リウマチ診療チームで多くの患者様の診断・治療を経験することで、能力が上がり、整形外科医としての幅を広げることができます。


ページトップへ

関節リウマチにはどんな治療を行っているのか?

リウマチの治療には基礎療法(生活指導)、運動療法(リハビリテーション)、薬物療法、手術療法そして精神的ケアの5つの大きな柱があります。これらを患者さんと一緒になって考え、長い道のりを歩いてくれる医師を選ぶことが大切です。当リウマチ診の特徴は患者さん本人が前向きに物事をとらえ、楽しい日々を送る気持ちを持つことがリウマチ治療の基本であるとし、その上でこの5本の柱のバランスをとりながら、“明るいリウマチ外来”を展開していることです。もう少し具体的に言いましょう。

生活指導、精神的ケア
リウマチの患者さんは痛みや将来に対する不安から暗くなりがちです。医者からいろいろ指示を出されたり、痛いときは静かにしていなさい、といわれている方もいらっしゃると思います。しかし実際はなかなか痛みや腫れがよくならずに一層暗くなってしまうことが多々あります。そしてこのストレスが病気の更なる悪化につながることにもなるわけです。こういった状況を回避するために、私たちはストレスになるような禁止事項を極力少なくするように指導します。旅行、散歩、サイクリング、ダンス、カラオケ、適度なアルコール等々、本人が希望するものを極力勧めるようにしています。少々痛くとも積極的に動きなさい、生活に楽しみを見いだしなさい、とも説明します。こうして気持ちを前向きにもっていったうえで、薬物療法や手術療法といったいわゆる本格的なリウマチの治療を行うのです。
薬物療法
関節リウマチは有病率が高く、整形外科医なら日常診療で診断・治療をする機会が多い疾患です。しかし薬物治療は奥が深く、さらに副作用を熟知しなくてはなりません。当院リウマチ診では経験豊富な医師から、このテクニックを学ぶことができ、安全かつ的確な治療が行えるようになります。
手術療法
  • 人工関節置換術:膝・股関節のほか肘の人工関節を行っています。
  • 関節形成術
  • 腱移行・移植術
  • 滑膜切除術
リハビリテーション・装具・理学療法

ページトップへ

薬物治療の新しい流れ

RAの病態では、従来は炎症が起こり、その結果、関節破壊が起こると考えられていました、しかし、最近炎症と関節破壊は独立したレギュレイションシステムによって起きると考えられるようになってきました。

そのため、治療の最終目的は炎症の抑制から関節破壊の抑制に変わってきています。そこで強力な関節破壊抑制効果のある生物製剤の世界的に使用量が増加しており、小規模な医療施設でも使用されてきており、今後の治療において必要不可欠な存在となっています。

しかし、生物製剤の使用に際しても、多くの知識を得る必要があります。我々は都内の整形外科では有数の生物製剤治療経験を持っており、リウマチ診療チームで使用法を学ぶことができます。

また、この生物製剤にハイライトが当たれば当たる程、この強力な薬剤を副作用や合併症などの問題で使用できない患者様の治療法をどうすれば良いかという点が新たに問題となってきます。そのような方に対しましても、より良い治療を受けられるように、薬剤の臨床研究を続けており、良好な結果を得ています。


ページトップへ

私たちが目指すもの

  1. 若い医師の診断と治療の能力の向上
  2. リウマチ性疾患をきちんと診断・治療できる整形外科医は多いとは言えず、多くの患者さんが的確な治療を受けるように、当院リウマチ診療グループでは、若い医師の診断と治療の能力の向上に力を入れ、勉強会を頻回に行っています。また、外来の後には必ず、カンファレンスを行い、上級医の知識や経験が短期間に濃密に伝承されています。また、外来も複数の医師で行っているため、困難な状況でも、すぐに上級医の指示を受けることができます。この当グループで経験を積んだ医師は、自信を持って各地での医療に深く貢献しています。

  3. 研究
  4. さらに、研究活動にも力をいれ、診断・評価方法や治療法の向上、軟骨の再生、病態解明、などの分野で日々疾患に立ち向かっておりまして、大学院の研究テーマにも困りません。

    実際の診療の他に、基礎研究、臨床研究、診断方法・薬物療法・手術の習熟と目の前には無限とも思えるフィールドが存在しており、多忙なのですが、リウマチ診療には知識と技術向上の教育システムがしっかりしています。
    帝京大学整形外科で臨床研修し、さらにはリウマチ診療グループの一員として国内外で活躍してみませんか?


ページトップへ