研修医と学生の皆様

脊椎診

スタッフの写真

スタッフ

平林 茂(教授)
北川 知明(准教授)
山本 巌
山田 和明

当科での脊椎外科手術の実際

  1. 当科では、安全・確実な脊椎脊髄手術を行うことをモットーにして、後頭骨頚椎移行部から尾骨までの全脊椎高位における各種疾患に対処できる体制を整えています。頚椎症性脊髄症、胸椎黄色靭帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症、頚椎から腰椎までの各高位における椎間板ヘルニアや後縦靭帯骨化症などの脊椎変性疾患を主に扱っています。その他、脊椎外傷、関節リウマチ、破壊性骨関節症、脊椎腫瘍(原発性、転移性)、脊髄腫瘍などにも対処しています。

  2. 手術の進入法は、前方法に比べて利点の多い後方法を主体にしています。頚椎椎間板ヘルニアのみ前方法ですが、それ以外の疾患は原則として後方法で手術を行っています。

  3. 頚椎椎間板ヘルニア、腰椎椎間板ヘルニア、脊髄腫瘍に対しては顕微鏡視下手術を行っています。特に腰椎椎間板ヘルニアにおいては、約3cmの小切開による低侵襲性手術を行っています。

  4. 脊椎外傷、関節リウマチ、破壊性骨関節症、脊椎腫瘍(原発性、転移性)などの不安定性脊椎に対しては脊椎インストゥルメンテーション手術を行っています。原則として、後頭骨頚椎移行部から中位胸椎まではhook system、下位胸椎から腰仙椎移行部まではpedicle screw systemを用いています。

  5. 図1

    図1
    環軸椎亜脱臼と頚髄症を合併した関節リウマチ例。Hook systemを用いた後頭骨頚椎胸椎固定術と、椎弓形成術とを行った
    (術後のX線写真)

    図2

    図2
    第2腰椎破裂骨折に対するpedicle screw systemを用いた後方除圧固定術
    (術前後のX線写真)

  6. 頚椎症性脊髄症と頚椎後縦靭帯骨化症に対する椎弓形成術では、縦割法、片開き式のどちらでも対処できます。しかし、それぞれの術式の利点を生かして、通常、頚椎症性脊髄症に対しては縦割法、頚椎後縦靭帯骨化症に対しては片開き式を行っています。

  7. 図3

    図3
    縦割法椎弓形成術(術中写真と術後CT)

    図4

    図4
    片開き式椎弓形成術(術中写真と術後CT)

  8. 現在なお手術法に課題の多い胸椎後縦靭帯骨化症に対しては、段階的後方除圧術を行っています。これは、上位頚椎から靭帯骨化のある当該胸椎まで、段階的に椎弓形成術を行うことにより脊髄を後方へ移動させ除圧効果を計るものです。もし、これらの処置でも十分な除圧効果が得られなかった場合には、最終段階として、靭帯骨化のある当該胸椎に対して、大塚法に準じた後方進入脊髄前方除圧固定術を行い、胸髄を全周性に除圧します。

  9. 図5

    図5
    胸椎後縦靭帯骨化症に対する全周性胸髄除圧術後の前方除圧の確認(術中写真)

    図6

    図6
    全周性胸髄除圧術後のpedicle screw systemを用いた後方固定術(術中写真)

    図7

    図7
    黄色靭帯骨化症を合併した胸椎後縦靭帯骨化症に対する全周性胸髄除圧術(術前後のCT)

  10. この全周性胸髄除圧術は、胸椎椎間板ヘルニアや骨粗鬆症性脊椎破裂骨折による脊髄麻痺に対しても応用しています。

  11. さまざまな病態から成る腰部脊柱管狭窄症に対しては、まず神経の除圧を目的に手術を行います。脊椎不安定性がある場合には、さらに、不安定性の程度、すべりの程度、脊柱アライメントなどを考慮して、脊椎インストゥルメンテーション手術の適否、PLF(後側方固定術)かPLIF(後方進入椎体間固定術)かなど、脊椎固定術の適応を決めています。PLIFでは、椎体間への移植骨として、通常は、正中で二分割しブロック骨として摘出した椎弓・下関節突起複合体かfloating laminaを用います。

  12. 図8

    図8
    椎体間に植骨するため、椎弓・下関節突起複合体を正中で二分割しブロック骨として摘出する
    (模式図)。

    図9

    図9
    第5腰椎分離すべり症に対して、すべりを整復したのち、floating lamina(矢印)を用いてPLIFを行った
    (術前後のX線写真)。

    図10

    図10
    若年者の腰椎すべり症に対して、すべりを整復したのち、椎弓・下関節突起複合体を用いてPLIF を行った
    (術前後のX線写真)。