研修医と学生の皆様

外傷センター

スタッフの写真

スタッフ

渡部欣忍(教授、外傷センター長)
黒住健人(准教授、副外傷センター長)
鈴木卓(准教授、副外傷センター長)
石井桂輔 (講師)
松井健太郎 (助教)
宮本英明 (助教)
本田哲史 (助手)
中山雄平 (助手)
永野賢一 (助手)
木村一隆 (助手)
髙橋周矢 (助手)
茂木沙織 (助手)
井元佑一 (後期研修医)
三木達矢 (後期研修医)
神谷真理子 (後期研修医)
佐々木 源 (大学院生)
坂 なつみ(大学院生)
乾 貴博(大学院生)

日本初の大学病院附属外傷センターかつ都内大学病院唯一の外傷センターです

帝京大学医学部附属病院外傷センターは救命医学教室と整形外科教室の協力により、2009年5月に発足しました。国内の大学病院で最初に設立され、都内の大学病院唯一の外傷センターとして医師、患者ともに集約し治療を行っています。

救急科などとの強力なチームワークで全ての整形外科外傷に対応します

各科との密接なチームワークを基に、外傷患者の急性期から回復期までを継続して治療できる環境を作り、早期に社会復帰させることを目的にしています。外傷センターではERや外来を受診した手術が必要な一次、二次外傷患者から、救命救急センターに搬送された重症外傷患者までを対象に、初期治療、手術、術後の集中治療、そして歩行退院するまでのリハビリテーション期、年単位の外来フォローまでの一貫した治療をおこなっています。

日本有数のスタッフとチームがそろっています

外傷センターでは渡部欣忍医師(外傷センター長)、黒住健人医師(副外傷センター長)、鈴木卓医師(副外傷センター長)、石井桂輔医師、松井健太郎医師、宮本英明医師が中心となり外傷患者の治療にあたっています。当センタースタッフは様々な学会や各種団体、勉強会などの国内外の外傷教育活動で中心的役割を担っています。
また、整形外科学講座の各専門診の医師と協力し、各部位においても専門性の高い治療を行っていることが特徴です。特に、渡部欣忍外傷センター長の専門である、四肢機能再建領域の治療を外傷センターで対応していることが特徴です。骨折後の変形癒合や感染性偽関節に対する治療を希望する全国各地からの患者さんにも対応をしています。また、河野博隆主任教授の専門である骨軟部腫瘍領域では、転移性骨腫瘍の病的骨折に対する手術治療を整形外科腫瘍診と協力して行っています。外傷急性期治療のみならず、外傷後遺症、合併症に対しても対応しています。
外傷患者はICU16床、HCU14床を有する救命救急センター病棟での急性期治療が終了した時点で、後方病棟である46床の救急および外傷患者専用病棟と、45床の整形外傷患者用病棟でリハビリテーションを受けた後、退院または転院となります。退院後は、外傷外来でフォローすることを基本としています。

整形外科外傷医療を志すみなさんへ

一人の力では最高の外傷医療は提供できません。強力なチームがあって初めて、一人の外傷患者によりよい医療を提供できます。また、外傷分野で学ぶべきこと、習得すべき技術は多く、一人の師匠や一つの施設から学ぶだけで一人前になることは不可能です。帝京大学外傷センターで一緒に日本の外傷治療のために働きませんか!?